【ガンプラ制作記】 エクシードモデル ドムヘッド1【ウェザリング塗装】

スポンサーリンク
ガンプラ

近年のガシャポンはかなり出来がイイものが多いですよね!

中でもエクシードモデルといわれているモビルスーツの頭部のみを再現したガシャポンがハイディティールで気になっていました。

エクシードモデル ドムヘッド

普通のガシャポンはまん丸のカプセルから出てきて

中身取り出したらカプセルはポイーじゃないですか。

このシリーズはまん丸の球体そのものがモビルスーツの頭になります。

よく考えたもんです。流石バンダイさん。

モノアイの周辺のディティールも入っていて塗装映えしそうです。

初挑戦!ディバイダーを使った曲線スジボリ!

いつも私がガンプラを作成するにあたり

極力心がけていることが

何かにチャレンジするってことなんですが、

今回はディバイダー(上の写真のコンパスみたいな道具)を使って

曲線のスジボリを行うチャレンジを盛り込んでみました。

結果は「難しい!」ということが分かりました。

支点を決めてコンパスのように曲線をけがいていくのですが、

ブレるブレる!

割とうまく行くところもあるのですが、

安定してコントロールが難しいですね。

これはまだまだ研究した方がよさそう。

モノアイ発光計画!

このぐらいのスケールになると

「モノアイ光らせてー」

という願望が湧いてきます。

今までオリジナルで電飾などやったことがないので

とりあえず手近なものでできなかなーと思案していたところ

たまたま入った100均でちょうどよさそうなサイズ感のLEDライトを発見!

ダメ元で入れてみたらうまい感じに入ってしまったので

「採用!」となりました。

ちなみにライトのレンズ部分にはモノアイのクリアパーツを瞬間接着剤で貼り付けてます。

シルバーサフで下地作り

いよいよ塗装作業に入っていきます。

まずはシルバーサフで下地を作ります。

ちなみに今回もヘアスプレーを使った剥がしチッピングを行います。

剥がしチッピング再び!

剥がし方がかなりド派手になってしまいしたが、

このぐらいのスケールならまぁオッケーかな。

サビ表現!

朽ち果てそうなサビ具合になってしまいました。

サビのテクスチャはモールドなどにそって

デザインナイフを使いプラを塗膜ごとめっくって表現しています。

その上にエナメル塗料の

ハルレッド → 黒 → クリアオレンジ

を塗り重ねています。

完成!

最後に水転写デカールを貼って艶消しを吹けば完成です。

ウェザリングをやるといつも

「やりすぎた…( ^ω^)」

と反省するのですが、楽しくて止められなくなるんですよね。

結果的に産業廃棄物のようなモビルスーツが出来上がります。

そもそもモビルスーツはサビるのか?

もっとメンテナンスされてるハズだ!

とかね。皆さん言いたいことはわかります。

でもしょうがないんです。止められないんです。

それでは皆さん楽しいウェザリングライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました